PAGE TOP

2018年02月21日

一難去ってまた一難 交通誘導警備員と花粉症

ここ数日は春の足音が聞こえるかのような温暖な日々が続いています。やっと寒さから解放されそうだと思うのもつかの間、今度は花粉症の季節です。

年々増える花粉症患者。警備員をしている方達の中にも花粉症で苦しんでいる方も結港いらっしゃると思います。施設警備員は建物の中での勤務だからまだ良いのですが、交通誘導警備員は外での勤務になりますから、どうしても花粉の直撃を受けてしまう。
スポンサーリンク


しかも、花粉症だけではなく黄砂やPM2.5がほぼ同時期に発生しますからアレルギーを持っている方にとっては辛い時期の到来。一難去ってまた一難です。

私も数年前から花粉症になりました。たまにくしゃみが出る程度の軽いものですが、症状のヒドイ方もおられます。くしゃみ・鼻水・目のかゆみなど。特に目のかゆみはかなりツライようです。目が充血して真っ赤になっている人もいます。

花粉症対策としては、鼻うがいが効果的だと言う声が多いですし、最近では驚くような機能を備えたマスクなども登場していて人気を集めているようです。

例えば、「花粉を水に変えるマスク」「ダチョウ抗体マスク」。いずれも花粉症だけでなく黄砂やPM2.5にも対応するという優れものです。

以前に高温度の使い捨てカイロ「マグマ」について書きましたが、技術の進歩によって、警備員の辛さが軽減されるというありがたい時代になったなと改めて感じます。

花粉症の人にとってはツライ季節の到来ですが、上述のように非常に効果的・高機能のマスクが登場していますので、これらを活用して花粉症の時期を乗り切りたいですね。

スポンサーリンク






posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 交通誘導・雑踏警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

工事現場での重機死亡事故 ブレーキとアクセル踏み間違え

2日に大阪の工事現場で重機が警備員の制止を振り切って歩道に突っ込み5人がィ称する事故が発生しました。運転手は「ブレーキとアクセル踏み間違えた。」と供述しているようです。

お亡くなりになった方とご家族、また、重軽傷を負われた方達にお悔やみ申し上げます。

報道では重機という事だったので「クレーン」などの大型タイプの車と思ねっていたのですが、映像を見ると工事現場などで整地などをするブルドーザーのようですね。

ブルドーザーはスピードは遅いですから、これほどの大事故になるイメージはなかったのですが・・・。

警備員も必死に止めようとしたようですが、運転手がレーキとアクセルを踏み間違えた状態では如何ともし難い。
普通乗用車のアクセルとブレーキの踏み間違い事故はたまにありますがブルドーザーでこのような大事故が起こった話は聞いた事がない。

警察には、踏み間違えに戴いて至った経緯などをしっかりと捜査して戴いて原因究明をして欲しいなと思います。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 交通誘導・雑踏警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

バックしてきた除雪車に警備中の作業員が轢かれて死亡した事故

1月30日夜に、バックしてきた除雪車に警備中の作業員が轢かれて死亡するという事故が発生しました。どういう状況で事故に繋がったのかは報じられていませんが、昔、舗装工事中に警備員がバックしてきたローラー車に轢かれて死亡する事故がありました。

後進誘導中に警備員が転倒した事と運転手の後方確認が不十分だった事が事故の原因でした。複合的な要因で痛ましい事故になってしまった。
スポンサーリンク


警備員がバック誘導しているシーンを見ていると、たまに車の真後ろに近い場所に立っていたり体を車に対して垂直状態で誘導している人がいます。

たぶん新人さんだろうとは思うのですが、そういう誘導は非常に危険です。

それと歩幅が小さい人も同様に危険です。歩幅が小さいと安定感が悪いですからバランスを崩して転倒するリスクが高まるからです。道路の段差でつまずいたりします。

交通誘導現場では、ちょっとしたミスが命取りになる事もありますから、十分に注意したいものです。

また、警備員に実務指導をされる立場の方は、過去の事故事例を説明したり、危険な誘導方法をしていないかを定期的に巡視しながら的確なアドバイスを行うとベターだと思います。
スポンサーリンク






posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 交通誘導・雑踏警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

女性警備員 危機一髪?!

24日午後1時ごろ、大阪(伊丹)空港北ターミナルの手荷物検査場近くで、強風の影響により工事用に設置された重さ約500キロの石膏ボードが倒れ、30代の女性警備員が逃げる際に転倒し病院に搬送されたが軽傷だったとの事。

女性警備員と倒れたボードとの距離がどの程度だったかは不明ですが、500キロという重量ですから一歩間違っていたら大変な事になっていた事は明白です。

大事に至らずに本当に良かった。

倒れた瞬間よりも、後になって恐怖心が沸き起こったと思います。

警備現場では何が起こるかわからないという事です。危険予知は欠かせないという事を改めて思い知らされるような事故ですね。

皆さんもくれぐれもご注意ください。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 交通誘導・雑踏警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

年末年始のイベント警備もほぼ終了

年末年始はカウントダウンや初詣そして百貨店の初売り、また様々なイベントが開催され、そういうイベント警備に従事された警備員の皆さんは心身ともにさぞかしお疲れになった事と思います。本当にお疲れ様でした。

特に大きな事件も発生しなかったようで胸を撫でおろしています。

来週からはほとんどの工事・建築現場が再開すると思います。現場の再開時期は事故などが発生しやすくなりますのでくれぐれもご注意くださいね。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 交通誘導・雑踏警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする