PAGE TOP

2017年03月11日

交通誘導中の警備員が工事現場の無人ダンプカーに撥ねられ死亡

10日午前に東京・北区JR赤羽駅近くの工事現場でエンジンを掛けたままで運転手が乗っていないダンプカーが急に動き出し、交通誘導中だった男性警備員が撥ねれ死亡する事故が発生しました。

73歳で交通誘導警備員をされていたわけですから、とても達者な方だったであろうに、こういう形でお亡くなりになるとは。心よりお悔やみ申し上げます。

工事現場ではエンジンを掛けたままダンプカーを離れるなど安全管理という意識が低い工事関係者が少なからずおられます。今回の事故は坂道にダンプを停車させていたそうですから安全管理に対する意識の欠如が甚だしい。

工事現場だけでなく、警備員が勤務する場所には常に数々の魔が潜んでいます。

警備員は周囲の状況を常に把握して、どのようなリスクが潜んでいるのかという事を常に頭に入れておくべきだと思います。「もし・・・。万一・・・。」という事を常に考える習慣をつける事はとても大切な事です。

このような事故が二度と起こらない事を切に願いたい。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

セコムも大喜びしてるだろう。5G実証実験で28GHZ帯のハンドオーバーに成功!

KDDIは、28GHZ帯を使った5G実証実験でハンドオーバーに成功したと発表したと発表しています。「国内初」の成功という事になる。

先日の記事で書いたようにセコムとKDDIは今年の5月から5Gを活用したセキュリティシステムの実現に向けた実証実験を共同で行うと発表したばかりで、このシステムが実現すると警備の質がものすごく高まる事になります。

ウェアラブルカメラを使った警備システムもそうですが、最も恩恵を受けるのは、セコムが行っているセキュ8リティサービスである「ココセコム」ではないでしょうかね。

ココセコム ⇒ 


5Gではハンドオーバーに成功しなければ商用での実用化は成り立たないわけですから。セコムさんのココセコムにとっては飛躍的な精度の向上やサービス向上に繋がる事になります。

セコムは常に一歩先を行ってますねぇ。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

なんて愚かな警備員なんだ

26日に大阪府茨木市の路上で男性2人に「何見て笑ってんねん」等と言いがかりをつけて殴り、1人に重傷を負わせた上、携帯電話を奪った3人の男が強盗致傷容疑で逮捕されました。

その犯人の1人が警備員の林田幸司容疑者(24)です。

警備員という立場の人間が因縁をつけるという不埒な行動を取った事に驚きますが、その後の携帯電話を強奪した行為には更に驚かされる。

こういう事をする人間ですから日頃の言動も問題があったのではないか?という気もしますけどねぇ。面接段階で察知出来なかったのでしょうか・・・。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

洗濯機の排水ホースに盗撮器設置の男が出頭

一人暮らしの女性アパートに侵入し、脱衣所の洗濯機の排水ホースに小型カメラを設置した男の画像が公開されていましたが母親に伴われて出頭したとの事。

まあ、あれだけ顔がバッチリ映っていたわけですからねぇ。たぶん画像公開と同時に顔見知りの人達から通報が殺到しすぐに逮捕されるだろうと思っていましたが、意外にも出頭という形での逮捕になりました。

男は統合失調症の治療中との事で、「無施錠の玄関から入った。」と話しているらしい。

posted by 管理人 | Comment(0) | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

KDDIとセコムが5G対応の警備システムを共同開発

KDDIとセコムが次世代通信方式「第5世代通信規格(5G)」の実用化に向けた警備システムを共同開発すると発表しています。

5Gは現在主流の「LTE」と比べ、通信速度が100倍、通信容量が1000倍になるとの事で、警備員が身に着けたウェアラブルカメラからの映像が数秒で共有できるようになりますから警備システムとしては非常に大きな威力を発揮する事になります。

また、備え付けの監視カメラも技術の進歩が著しく、AIとのコラボによって従来では成し得なかった監視カメラは映像を記録するツールのみという位置付けから監視カメラ自体が不審者と判断して防犯体制を取るという高度なツールに変貌しつつあります。

技術力の進歩が警備業務や防犯システムの変貌を加速させようとしている。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする