2016年02月28日

映画「オデッセイ」を観てきた

昨日、娘と2人で映画「オデッセイ」を観てきました。

娘が幼い頃から頻繁に映画を観て来ましたが、初めての字幕スーパー映画という記念すべき映画でしたが、あまり面白くない映画だった。

何と言いますか、全体的にぼやけた内容で実に浅い映画だった。製作サイドの意気込みが感じられるわけでもなく伝わってくるものが何もなく残念な映画というしかない。

レビューでの評価が高く期待して観に行ったという事もありましたので肩透かしを食ったというのが率直な感想です。

盛り上がるシーンが全くなかった。

いつも思うのですが映画のレビューというのは本当に当てにならないですね。この映画を高く評価する人の感覚が理解出来ない。

まあ、映画は残念な結果に終わりましたが映画鑑賞後に娘のリクエストで行った居酒屋ではいろんな話をして大いに盛り上がり楽しい時間を過ごしました。

来月は面白そうな映画が幾つかありますので期待したい。それと5月に公開予定の64(ロクヨン」ですが私が大好きなサスペンスですしキャストが凄いですから期待したいですね。これは多分かなり面白い映画ではないだろうかという予感がします。待ち遠しいです。





posted by 管理人 | ■ 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

信長協奏曲を観てきた

昨日は娘と2人で信長協奏曲を観てきました。

本当はスピルバーグのブリッジ・オブ・スパイを観たかったけど予告編を観た娘は全く興味をそそられなかったようで。ww

確かにね、女子高生が観たいと思うタイプの映画ではないしね。

という事で娘の希望である信長協奏曲を観る事になった。

で、観終えた感想はというと・・・

子供向けの映画って感じだった。

娘も物足りなかったのでしょう。普段は映画を観終えた後にいろんな感想を語る娘ですが映画の話ではなく歴史の話に終始していましたから。w

離婚して7年になり娘とは1ヶ月に1度ぐらいしか会う事がないけどイイ子に育ってくれたなと改めて思った。とても優しくて明るくて頑張り屋さんで。

元妻とは滅多に連絡を取る事はないけど、「いい子に育ててくれて、ありがとう。感謝しています。」とメールを送った。心からそう思った。

父親の私が言うのもなんだけど、本当にイイ子に育ってくれた。小学3年生で親が離婚するというとても悲しい体験をさせられたのに真っ直ぐに育ってくれた娘、そして想像さえしていなかったであろう苦労をかけてしまった元妻への贖罪の念や素敵な娘に育ててくれた事への感謝の念でいっぱいです。

私に残された時間はそんなに長くはないけど、限りある残された時間の中で2人の為に何が出来るのかをじっくり考えていきたい。

娘との映画暦もかなり長くなった。幼い頃はプリキュアやアンパンマンなんかを観ていましたが、少しずつ大人の映画に近付いてきた。大作と呼べる映画はまだ観た事はないけど、そういう映画を観る日もそう遠くないかもしれない。

そういう日が来るのを念じつつ頑張りたい。







posted by 管理人 | ■ 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

下町ロケットが終わって寂しいな

下町ロケット、良いドラマでしたねぇ。

夢、希望、そして誇り・・・

年齢を重ねると共に失いがちなそういったものを呼び覚ましてくれたドラマだったように思います。それ故に中高年の男性視聴者が多かったのでしょうね。

機能は久しぶりに娘と映画に行って、2人で食事をし、いろいろと語り合いました。というか、私が一方的に語ったというのが正確なのですが。

私が抱き続けて来た夢、それはもう時間的に叶わぬ夢になってしまったけど、「パパはこういう夢を持っていたんだ。」という話をした。

「君にもいつか必ず全てを掛けて取り組みたい夢が出て来ると思う。自分の夢が見つかるという事はとても幸せな事だよ。その夢が叶うかどうかは、また別問題だ。夢を持つ事、そして夢に向かって全力を尽くす事の中できっと大切な何かを見つける事が出来る。」みたいな事を騙った。

どこまで伝わったかは分からないけど。





posted by 管理人 | ■ 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

「ジュラシックワールド」は迫力満点だった!

日曜日に娘と2人でジュラシックワールドを観てきました。

恐竜の見た目も動きも実にリアルで、まさにバーチャルリアルティの世界で、「映像技術もここまで来たか!」と驚きを隠せませんでした。

ストーリー的にもまずまずでしたがクライマックスのシーンに、もう一工夫欲しかったというのが率直な感想です。意外性を持たせたラストではありましたが、もっと根本的な部分で意外性が欲しかった。あくまでも個人的な見解ですけどね。

いずれにしても実に素晴らしい映画でした。

娘とはもう10年以上も一緒に映画を観ていますが、娘が「こんなスゴイ映画見たことない!」「あまりの迫力というか怖さにお腹が痛くなった。」と言うほど迫力満点でした。

さすがスピルバーグ監督ですね。
レベルが違う。

ほんとは3Dで観たかったのですが娘が怖がり屋ですので・・・
3Dで観てたら卒倒してたかもしれない。(笑





posted by 管理人 | ■ 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

明日は娘と久し振りの映画鑑賞

明日は娘と久し振りに映画を観に行きます。

高校受験生という事もあって母親からしばらく映画禁止令が出ていたものですからかなり久し振りでとても楽しみにしています。

考えてみると3歳ぐらいから2人で映画鑑賞に行っていますからもう12年ぐらい続いている。少なくとも年間に10本ぐらいは観に行っていますから120本は観た事になる。

私は若い頃から映画が大好きでしたので今までに観た映画は相当な数になります。私の映画好きが影響したのでしょうか、娘も映画大好き人間で、今回も娘のリクエストで観に行く事になりました。

高校生になったら一緒に映画を観にいってくれなくなるだろうなと思っていましたがまだ大丈夫そう。少なくともあと2〜3年は大丈夫かも。

映画のタイトルは「ビリギャル」

今、ノリにノッている有村架純さんが主演。素敵な女性ですよね。素の人柄の良さが滲み出ているしどんなタイプの役柄もこなす女優さんですから彼女の演技も楽しみの一つです。

夜勤を終えて帰宅しまだ一睡もしていないけど、明日に備えて一眠りするかな。変な時間に寝ることになるけれど。





posted by 管理人 | ■ 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする