2016年12月10日



インフルエンザで受診の患者、4週前の4倍以上に急増

空気が乾燥してくるとインフルエンザウィルスに感染しやすくなります。厚生労働省によると、12月4日までの1週間にインフルエンザで受診した患者は、1医療機関あたり2.49人と、4週前の4倍以上に急増しており、この1週間で、全国でおよそ14万人の患者が受診したと推計しています。

私が勤務している施設でも昨日から警備員の1人が「インフルエンザらしい症状が出ている。」という事で業務引継ぎの説きに互いにマスクをしている現状です。

3人での交代勤務ですから2人が寝込むような事になると大変ですからね。

若い頃にインフルエンザに罹った事があるけど高熱に見舞われたとか身体がだるかったという事よりも手足の関節が激しい痛みに襲われた記憶が今でも残っている。

みなさんもインフルエンザに罹らないようにくれぐれもご用心くださいね。

スポンサードリンク










ヘアドライヤーの取り扱いに注意! 発火、火花の発生によるやけども

日常的に使用するヘアドライヤーですが、「コードの付け根から火花が出てやけどをした」、「髪の毛が吸い込まれて取れなくなり、はさみで切った」等の事例があるそうです。

実は、取扱説明書や本体には「コードを本体に巻き付けないこと」「異常があれば使用しないこと」「吸い込み口に髪を近づけないこと」などが表示されています。

国民生活センターにもヘアドライヤーに関する相談が毎年100件以上寄せられているそうで同センターは注意勧告を行っています。

コードを本体に巻き付けっている人はいませんか?

詳細は下記をクリックしてください。


国民生活センターによるドライヤーの取り扱いに関する注意点


2016年12月08日



バイク便を悪用した特殊詐欺に注意!

警察庁の発表によると、平成27年度のオレオレ詐欺などの特殊詐欺認知認知件数は13,824件(前年比+432件、+3.2%)被害額は482.0億円(-83.5億円、-14.8%)で、被害額は減少に転じたものの、依然として高水準で推移しています。

○ 既遂1件当たりの被害額は377.5万円(-77.0万円、-16.9%)。
○ 首都圏1都3県における認知件数・被害額は大幅に減少したが、地方大都市圏の大阪、岡山、福岡などにおいては増加しています。

最近では、バイク便を悪用した特殊詐欺の件数が急増しており、今年11月末までの1年間で195件発生しており、去年の同じ時期に比べておよそ2.5倍に増えているそうです。

手を変え品を変え、止まる事が無い特殊詐欺。

スポンサーリンク


バイク便を悪用する特殊詐欺とはどういうものなのか?
その事件の実例をご紹介します。
くれぐれも騙されないようにご注意ください。

バイク便業者が詐欺の「受け子」に 経営者を全国初摘発

ニセ電話詐欺 バイク便で現金詐取未遂 容疑の経営者逮捕


2016年11月29日



バイクの盗難を防ぐ効果的な方法

バイクの盗難件数は年々減少していますが、それでも年間に4万台以上が盗まれています。

盗難件数や盗難率が非常に高いのが福岡県と大阪府ですから、この地域の方は特に注意が必要だと思います。

「監視カメラがあるから大丈夫だ。」「警備員が常駐しているから大丈夫だ。」とお考えの方もおられるかもしれませんが、残念ながらその認識は甘いと言わざるを得ません。

あなたの大切なバイクをどうやって守ったら良いのか?とても論理的な説明をされている動画がありますのでご紹介します。





2016年11月22日



福島県沖で地震 津波警報発令中

福島県では津波警報が出ていて予想の高さは3メートル。

福島のみなさん、至急、非難してください。

被害が無い事を祈ってます。