PAGE TOP

2017年12月30日

部屋の鍵は常に2本持ち歩く

私は一人暮らしなので外出する際は部屋の鍵を常に2本持ち歩いています。自宅マンションのゴミ捨て場に行く時もです。

マンションはオートロックなので、もし、鍵を紛失したり持っていくのを忘れたりすると中に入れなくなってしまう。業者さんに鍵を開けてもらうだけでも安くて6千円、鍵を作ってもらうと1万円程度かかりますから。

それに業者さんの到着まで待たなければならない。

高級マンションなどはコンシェルジュに頼めば開けてもらますが普通のマンションだとそういうわけにはいきません。特に冬場だと寒さに震える事になってしまう。

そういうワケで部屋の鍵を2本持ち歩いているのです。

これが功を奏した事が一度あります。

ゴミを捨てに行った時、ゴミ置き場の鍵を開けようとしたけどなかなか開かず、強く回したら鍵が折れてしまったのです。もし、2本持っていなかったら悲惨な事になっていた。

何が起こるかわかりませんからねぇ
スポンサーリンク








2017年12月28日

スーパーで万引きし警備員を暴行、事後強盗の疑いで男を逮捕

東京・板橋区のスーパーで、食料品を万引きした男を警備員が呼び止めたところ、男が警備員に馬乗りになり重症を負わせるとい事件が発生。男は事後強盗の疑いで逮捕されました。

警備員は鎖骨を折る重傷だとのです。

万引き ⇨ 強盗犯

このパターンの犯罪が今年だけでも何件発生しただろう。

窃盗行為を発見されて、その罪から逃れる為に暴力を働いたり脅迫したりすると事後強盗となり強盗罪と同等の処罰を受ける事になります。

第238条(事後強盗)
窃盗が、財物を得てこれを取り返されることを防ぎ、逮捕を免れ、又は罪跡を隠滅するために、暴行又は脅迫をしたときは、強盗として論ずる。

窃盗罪(第235条)は10年以下の懲役又は50万円以下の罰金ですが、事後強盗罪の場合は強盗罪(第236条)と同じく5年以上の有期懲役になります。

万引きの場合は初犯であれば多くのケースで示談が成立して有期懲役になりませんが、事後強盗という事になると上述のように非常に重い罪になります。

この事は今迄に何度も繰り返し書いてきましたが、このパターンの事件が繰り返されています。

過去には、逃走していた万引き犯を私人逮捕しようとした通行人がナイフで殺害されるという痛ましい事件もありました。私人逮捕は非常にリスクが高い。正義感が強いが故の行動なのでしょうが、もし、自分がそのような場面に遭遇したらどうするのかを、予め、じっくりと考えておく事をお勧めします。

2017年12月26日

詐欺・悪質ショッピングサイトにご注意を! JCBが注意喚起

ショッピング通販サイトで商品を注文し、料金を支払ったのに商品が届かないなどの詐欺被害が増えています。中にはフィッシングサイトなどもあって、会員登録時の個人情報や決済時のクレジットカード情報等を盗み取ったりするサイトもあります。

消費者生活センターには、このような詐欺被害に遭った人たちからの相談が年々増加しており、日本サイバー犯罪対策センターが注意喚起を行っています。

現金での購入であれば大きな金額の被害に遭う事は少ないでしょうが、クレジットカードでのショッピングでは、仮に購入金額が小さくてもカード番号などの個人情報が読み取られて悪用され大きな被害に発展する可能性が高い。

かといって、カード決済をせずに現金決済のみというのも何かと不便です。

JCB(日本サイバー犯罪対策センター)のサイトでは、ネットショッピングの際にどのような点に注意すべきかなどのアドバイスや実例などが紹介されています。


とても参考になるアドバイスが成されています。

詐欺サイト等悪質なショッピングサイトに関する注意喚起

仮にこのような詐欺被害に遭ったとしても被害額が大きくならないカードの使い方もあります。これはJCBサイトに書れていませんが、こういう方法もあります。ネットショッピングに慣れた人達はこの方法を取られている方も少なくないのではないでしょうか。

ネットショッピング専用のクレジットカードを作り、そのカードだけは限度額を低くしておく事。当然ですがキャッシング機能は付けない事。

被害に遭ってからでは遅いのです。くれぐれもご注意くださいね。

スポンサーリンク








2017年12月19日

「セコム」セキュリティ&スマホ通知の宅配ボックス発売

セコムが宅配ボックス「セコムあんしん宅配ボックス」を12月18日から発売開始しました。

宅配ボックスに荷物が収納されるとユーザーのスマホや自宅のホームコントローラーに通知します。ユーザーは専用の鍵で、好きな時に荷物を取り出せるとの事。

また、誰かが不正に開けようとした際など、異常を検知すると自宅のセコム・ホームセキュリティのホームコントローラーへ異常信号を通知するのと併せて、セコムのコントロールセンターにも通知され、セコムが駆けつけ、るシステムになっています。。
 
ただし、「セコム・ホームセキュリティNEO」, 「セコム・ホームセキュリティ G-カスタム」との連携が必要となります。

お風呂に入っている時や料理をしている時などでも自分で受け取る必要がありませんから便利ですね。一戸建ての家からそれなりの需要がと見込めると思います。

多分、ホームセキュリティとの相乗効果を狙っているのではないでしょうかね。

詳細を知りたい方は下記をクリックしてください。同サービスの詳細が説明されたサイト(セコムあんしん宅配ボックス)にジャンプします。

セコムあんしん宅配ボックス

2017年12月18日

火災から身を守る為に必要な事

2大出火原因と言われるのが「放火」と「たばこ」で、火災件数の約3分の1を占めています。出火原因で一番多いのが放火なのです。

スポンサーリンク


【 放火対策 】
・可燃物を屋外に放置しない、
・車や自転車のカバーは難燃性のものにする。

【 防火対策 】

・ 調理中に火元を離れる際は、必ず火を消す。
・ 火元の近くに燃えやすい物を置かない。
・ 火災警報器や消火器を設置する。 ・ストーブの近くで洗濯物を干さない。

他にもいろいろありますが、皆さんは収れん火災という言葉をご存知でしょうか?

ペットボトルや花瓶等、凹面状・レンズ状のものは、太陽光を反射または屈折させ、光が集中した場所にある可燃物を発火させる危険があります。太陽の高度が低くなる冬場に多く発生する傾向があるため、火災の原因となるものは、直射日光が当たらない場所に置くようにしましょう。

火災が発生した時に注意したい事

・有毒ガスを吸い込まない為に、身をかがめてほく前進で非難する。
・ハンカチなどを口と鼻に当てて非難する。ハンカチを水で濡らせばより有効。
・煙が充満して視界が悪い時には壁に手を当てて壁伝いしながら逃げ道を探す。

冬場は空気が乾燥して火の回りが早くなります。少しでも早く火災を察知し急いで非難する事が大切です。

スポンサーリンク