2016年12月17日

「七転び八起き」 島木譲二さん死去

「大阪名物パチパチパンチ」などで有名な吉本新喜劇の島木譲二さんが永眠されました。心よりお悔やみ申し上げます。

彼の経歴については全く知りませんでしたが、訃報ニュースの中で、プロ野球選手を目指し、高校野球の名門、大阪の興国商で高2の時に肩を痛めて野球の道を断念した事、その後、プロボクサーを目指し19歳で西日本新人王に輝くが、1年後に医師から「このまま続けてたら失明する。」と言われ、プロボクサーの道も断念した事を知った。

警備員をしておられた時期もあったそうで、36歳で吉本の俳優になったらしい。

まさに七転び八起きの人生だ。

若くして大きな挫折を2度も経験されている。いずれも期待される素材であったのだろう。実績も残されていますから、それ故の挫折感も非常に大きかったであろう事は容易に想像がつく。

この人の素顔はどんな感じだったのだろう?
ふと、そんな思いが頭を過った。

人それぞれに内に秘めたモノがある。

辛い過去や現在を心の奥に秘めて生きているのは己だけではない。
改めてそう思う。

島木譲二さん、どうぞ、安らかにお眠りください。




posted by 管理人 | ■ その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする