PAGE TOP

2018年01月19日

施設警備現場で欠かせないノロウィルス・インフルエンザ対策

冬場ではノロウィルスやインフルエンザが猛威を振るいますので施設内の関係者(マンションの入居者・テナントの残業社員など)が発症し、その対処に警備員が出動するようなケースが出てきます。

「気分が悪い。」「嘔吐して動けない。」などと助けを求めて来られる事があります。この対処の際に注意しなければならないのは、警備員が二次感染しない事。

スポンサーリンク


実は私も3年ほど前の深夜にマンションんの入居者から助けを求められて現地に急行した事があります。万一に備えてマスクを着用して現地に行ったのですが、防災センターには市販の安っぽいマスクしか置いていません。

本来、警備室にはウィルス対策用のしっかりしたマスクを用意しておくべきなのです。

手袋は常時着用していますが通常業務で着用しているナイロン製の白手袋だけしかなく、ウィルス対策用の手袋は用意されていませんでした。

現地に赴いて症状などを確認したら、ほぼ間違いなくノロウイルスを発症していると思われた。症状が酷かったので救急搬送を提案したのですが本人が拒絶。

脱水症状を起こしている可能性が高かったので近隣のコンビニからポカリスエットを買ってきて本人に飲ませる事にした。その後、症状がやや落ち着いて来たので「いったん引き上げますが、症状が改善しないようならご連絡ください。」と言い残して部屋を退出しました。

そして3日後。私にもノロウイルス特有の症状が出てきた。幸いな事に連休の初日だった。激しい腹痛と嘔吐そしてヒドイ下痢。典型的なノロ感染症状です。潜伏期間は2〜3日ですから件の業務の際に二次感染したのは間違いない。初めてのノロウイルス感染でした。
スポンサーリンク







ノロウィルスは人工培養が出来ませんのでワクチンが製造できず、有効な治療法がありません。ですから、ただ安静にして自然治癒を待つしかないのです。おおむね2〜3日で回復します。

この際に注意しなければならないのは脱水症状。水分を補給しなければならないのですが「水」では十分ではありません。何故なら嘔吐や下痢で失うのは水分だけではなく電解質ですから。

こういう場合に最も必要な飲み物は経口補水液です。独り暮らしの人は冬場は常備しておいた方がいいです。スポーツドリンクみたいなものですからシーズンが終われば普通に飲めばいいですし。
それと、施設警備の現場で絶対に常備していなkればならないものがあります。

「汚物の処理セット」です。この手のセットの中には必要なものがほぼ揃っていて、二次感染を防ぐ事gできます。嘔吐物などにふりかけると固まる薬剤もありますから嘔吐物処理の際は安全、そして楽になります。

防災センターや警備室では、こういうウィルス対策グッズを常備しておくべきではないでしょうか。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

元警備員が元勤務先の警備会社の社員寮に空き巣

自分が働いていた警備会社の社員寮などで、空き巣を繰り返していたとみられる24歳の男が、警視庁に逮捕されました。昨年11月、東京・足立区の警備会社の社員寮に侵入し、2つの部屋から現金などを盗んだ疑いが持たれていて、被害品のゲームソフトや本など70点は、中古品買い取り店で売却していた。

同容疑者は、前月まで(一部報道では2年前)この警備会社で働いていて、社員寮に入っていた。他にも、足立区の住宅などで10件の空き巣を繰り返していた事も判明。

逮捕の決め手になったのは、警備会社の寮に侵入した際に同容疑者が食べたと思われるカップラーメンの容器という報道もある。指紋が残っていたのでしょう。5年前から空き巣を繰り返していたと自供しているようでえすから、警備員になる前か、警備員をしていた頃か、いずれかの時期に犯行に手を染めていた事になる。

警備会社にとっては実に頭の痛い問題だ。仮に全ての犯行が入社前だったとしても「採用方法・基準に問題があるのではないか。」という見方をされるだろうし、在籍中だったとしたら実にマズい事になる。

警察による緊急立ち入りがある可能性が濃厚だし、今後の定期立ち入りもかなり厳しい調査が行われる可能性が高いからだ。

以前に警備員の採用の際には「こういう手段を講じるべきではないか?」と提言した事があります。こういう事件を目の当たりにすると、やはり、何らかの対策を講じるべきだとの思いがより一層強くなる。

人手不足という事も背景にあるとは思いますが、警備員の不祥事は警備会社にとっては命取りにもなりかねないという事を考慮すると、早急に取り組むべき課題だと思うのですけどね。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

警備会社のセコムが医薬品(麻薬や向精神薬等)の保管庫を発売

セコムが、解錠した人や日時を記録できる医薬品の保管庫を発売しました。病院内に保管されている薬の紛失が相次ぐなか、誰がいつ薬を持ち出したかの確認が可能になる。

病院内から麻薬・向精神薬などの乱用に繋がる薬物や、睡眠導入剤などの危険な薬物が持ち出される事件は過去に何度も発生しているし、保管されている薬の在庫数量と実数が合わないというケースは全国的に発生しており、その多くが未解決になっています。

紛失した病院に勤務している医師が持ち出して自身が使用していたケースもあります。過去に何人も逮捕されています。

こういう事を防ぐ上で大いに貢献できるのではないでしょうか。また、価格も1台12万1千円(税別)とお手頃ですから需要も多いのではないでしょうかね。

カギを使わずにこじ開けられたときのセコムへの通報や、監視カメラと連動して扉が開いた時に周辺を録画するサービスもオプションとして提供されているようです。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

炊飯器を買ってきた

昨日、所用で出掛けたついでにビッグカメラに立ち寄り炊飯器を買ってきた。5合炊きを買うつもりだったけど迷った挙句、結局3合炊きにした。

デザイン面で機能面でもとても魅力的な炊飯器があり一目で気に入ったのだけど、火力が強いのを売りにしたブラウンの強火炊きにの方にした。やっぱり人目で気に入った方にしとけばよかったなぁと、ちょっぴり後悔してる。まあ、強火タイプだと美味しいご飯が炊けるだろう。

私が行ったビッグカメラは5階建てで、せっかく来たのだからと全てのフロアを見て回った。驚いたのは「時計がすごく安くなっていた事」と「テレビの性能がすごくアップしていた事」です。

以前はブルガリとダンヒルの時計をしていてかなり高額な物だったんだけど、今どきの時計は別にブランドにこだわらなくてもファッション性が高くて価格が安いものが沢山ある。3万円も出せば魅力的な時計がたくさんあった。

テレビは映像のクリアさと薄さにビックリ。昔、初めて発売されたばかりの大画面テレビを買った時は50万円だったけど今はそのサイズよりも2周りほど大きくて、しかも奥行きが4分の1ぐらい。映像のクリアさが半端ない。

久しぶりに家電コーナーを覗いて、とても楽しい1日だった。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

機械警備はスゴイ! 病院侵入ドロを逮捕

夜間に病院に侵入し、現金を盗んだとして、警視庁板橋署は建造物侵入と窃盗の現行犯で、東京都渋谷区の無職、の男(55)を逮捕。「カネを盗む目的だった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は5日未明、東京都板橋区常盤台の内科クリニックに裏口のドアをドライバーでこじ開けて侵入し、院長室にあった現金1万3千円を盗んだとしている。

病院の警備システムが作動し、駆けつけた警察官が病院内にいた横岡容疑者を取り押さえた。(産経新聞より引用)


機械警備では様々なタイプのセンサーがあり、設置場所の態様(店舗、事務所、資材置き場など)に応じて設置されるセンサーが異なる事があります。態様に応じた最適なセンサーを設置するのが基本です。

一般的には、マグネットセンサー(扉の開閉で作動)ガラスセンサー(ガラスが割られる時の振動で作動)、赤外線センサー(赤外線を発して熱感知)、パッシブセンサー(人体が放つ赤外線に反応作動)などが主流でしょうね。
 
無人の事務所などに侵入する事案ではガラス割りが一番多いと思いますが、今回の事案では扉をこじ開けたという事ですから、まず、マグネットセンサーが作動したと思われます。

金庫が置かれている場所などでは侵入者が近づくと天井から白煙が噴き出して視界を遮ったり音声で威嚇するようなものもあります。このタイプはかなり高額なシステムではありますが。

ほんと、機械警備は凄い。システム導入の需要が増加するのは当然と言えますね。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする