PAGE TOP

2017年06月10日

盗撮事件を起こしても「起訴されない理由」

増え続ける「盗撮事件」。しかし、このような事件を起こしても不起訴になる事が多いし、犯人の名前が公表されるケースは少ない。

それは何故なのか?

過去記事で書いたように、それは盗撮罪というものが存在しないからです。盗撮事件では公共の場所での犯罪であれば各都道府県の「迷惑防止条例」、公共の場所以外なら「建造物侵入罪」などでの摘発となります。

盗撮犯が弁護士に依頼すれば、多くの場合で示談が成立し数日間で釈放されます。時として見せしめとしてなのか?名前が公表される事もありますが多くは公表されません。

示談が成立すれば、不起訴処分になるのです。

これって、おかしくないですか?

民事は民事として、でも刑事罰は刑事罰として罰しない限り、この手の事件は増える事はあっても減る事は無いと思うのですけどね。

『盗撮罪』を制定すべきだ! (後篇)
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカート内盗撮で逮捕の県職員を減給処分。でも「不起訴処分」

女性のスカート内を盗撮事件が相次いでいますが、このような盗撮犯を警備員が現行犯逮捕する事例が非常に多くなっています。

警備員は女性の味方!

そんな感じですね。警備員の活躍が目につきます。

この事件は3月に兵庫県神戸市で発生し逮捕されたのは農政環境部の男性職員(30)で、県の調査に「仕事のストレスでやってしまった」と説明したらしい。兵庫県は同職員に対して減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

なお、神戸地検は3月28日、男性職員を不起訴処分としました。

不起訴処分?

盗撮をしたのに不起訴処分になるのは何故なのか?
その理由は下記の過去記事をで説明しています。
よろしければ併せてご覧ください。

『盗撮罪』を制定すべきだ! (後篇)
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

九州電力と西部ガスでビジネス戦争勃発!互いの領域を責め合う

5月上旬に九州電力から「九州電力、ガス始めました。」という案内文書が届いた。文書の中にはこのような記載があった。

西部ガスの契約を「きゅうでんガス」に切り替えて「電気とセット契約」いただくとお得になります。

年間の支払い合計金額が私の場合だと8千円も得になるらしい。しかも、「西部ガスへの解約・手続き不要!」「ガス工事・切り替え費用不要!」「マンション管理組合への手続き不要!」と書いてある。

申し込み用紙に記入して送るだけでいいのです。ノーリスクで2か月分の電気代が浮く勘定になり、実に美味しい話です。申し込みをする予定だ。

それにしても電力会社がガス会社の領域に進出するとは驚いた。しかも、ここまで露骨に西部ガスの名前を挙げて宣戦布告するとは・・・。まあ、消費者にとっては実にありがたい事ではありますが。

そして、数日前に今度は西部ガスから案内文書が届いた。

「ガス+電気」でおトクの扉をひらこう。」

なんと、今度は西部ガスが九州電力に対抗策を打ち出してきた。ただ、私の場合は年間で3千円の得ですから九州電力のプランの方が5000円の得になる。九州電力で決まり!!

6月から様々な生活用品が値上げされますから、このプランは実にありがたい。西部ガスにとっては、この「お得度」の差は非常にキツイでしょうね。それにしても、従来では想像もつかなかった事態だ。このビジネス戦争の行方が注目される。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

警備員がひき逃げされ重傷 大阪府堺市の工事現場で。

3日午前2時40分ごろ、、大阪府堺市西区築港浜寺町の高速道路の工事現場で、警備員が飲酒運転の車に撥ねられ股関節の骨を折るなどの重傷を負う事故が発生しました。

事故を起こした車は逃走しましたが、目撃情報などから堺市の会社員・月城亘佑容疑者(30)がひき逃げの疑いで逮捕されました。

「酒を飲んでいたので怖くなって逃げた」と話しているらしい。

高速道路での事故は死亡事故につながるケースが多く、今回の事故は重傷ではありますが命を取り留めたとの事で安堵しています。

高速道路の工事現場に配置される警備員は技能優秀な警備員ですが、飲酒運転で突っ込んでくる車から逃れるのは不可能です。1日も早い回復を祈念いたします。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

神奈川県警の警部補が女子高生のスカート内を盗撮

毎週、毎週、至るところで、いろんな職業の男が盗撮事件を起こしていますが、今回は「警部補」です。依願退職したらしい。

以前に、「盗撮罪を制定するべきだ」という記事を書きましたが、何故そのような法律を作ろうとする動きが出ないのかがとても不思議です。

現状は、盗撮事件を起こしても大した罪にはならずに、弁護士を呼べば速いケースでは数時間で釈放されるわけで。多くのケースで示談が成立していますからねぇ。

そんな状況では盗撮事件が減るわけがない。

盗撮事件が起きる事自体が不思議だけど、それを取り締まるべき法律が制定されない事も不思議。ほんと、世の中、不思議な事が多い。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする