PAGE TOP

2018年02月12日

波紋を呼んだ高級チョコブランド「ゴディバ」の広告       その真意を探る(後)

全編の最後に、この衝撃的な広告を打ち出した背景には「チョコレートに対する深い愛」と「自社ブランドに対する大いなる誇り」があるのだろうと書きました。

根底になったのはそのようなゴディバの思想だと思いますが、ゴディバも企業ですから会社を安定させ成長させるべく戦略や戦術を構築しなければなりません。
今回の広告は、ただ単にゴディバの思いを伝えたい一心からだけではないと思うのです。これから先は私の推測です。

・ゴディバにとって義理チョコ市場は蚊帳の外

ゴディバチョコレートはとても美味しいです。でも、高額ですから義理チョコとして買われるケースはかなりレアだろうと思います。

だからといって、義理チョコ市場を取り込む為に低額チョコを販売しようとすれば90年以上の年月を掛けて築き上げたブランド価値を落としてしまう。

むしろ、義理チョコ市場がしぼめば、その分がゴディバの客単価の嵩上げに繋がる可能性が高い。

・義理チョコ市場よりギャレンタインデー市場の方が合致

アメリカでは「ギャレンタインデー」が定着しつつあります。ギャレンタイン(GALENTINE)とは、「ギャル(GAL)」と「バレンタイン(VALENTINE)」を組み合わせた造語。女子だけのバレンタインという感じで女子会と友チョコを組み合わせたようなイベントです。

もし、このイベントが日本でも定着するようになればゴディバにとっては大きなチャンスです。義理チョコとは異なり平均価格から高価格帯のチョコが買われるでしょうから、ブランドイメージを壊す事なく、このイベント用のアイテム拡充に力を入れる事が可能になる。

ゴディバでは今年のイベントとして「ギャレンタイン・キャンペーン」をやっていましたしね。プレゼントはとても魅力的なものでしたが既に締め切られています。この市場を狙っている事は間違いない。

これらの状況を踏まえて考えると、ゴディバにとってギャレンタインデーの定着化が企業戦略の優先事項の上位に位置していると思われ、義理チョコ市場の縮小はその追い風になると考える事も出来る。

いずれにしても、今回の広告はゴディバだから打ち出せた広告である事は間違いない。そして広告効果も絶大だった。

ゴディバの知名度を更に上げただけでなく、同時に「ギャレンタインデー」というイベントの存在も広める事が出来たのだから
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

波紋を呼んだ高級チョコブランド「ゴディバ」の広告       その真意を探る(前)

ベルギーの高級チョコレートブランド「ゴディバ」を輸入販売するゴディバジャパンが、バレンタインデーを間近に控えた2月1日に日本経済新聞に掲載した広告が波紋を広げている。

世界に名だたるチョコレートブランドが「日本は、義理チョコをやめよう。」という広告を出したのですから話題にならない筈がありません。

まずは、その広告を見て頂きたいと思います。

日本は、義理チョコをやめよう。

バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。

 その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。

 なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。

 気を使う。お金も使う。でも自分からはやめづらい。

 それが毎年もどかしい、というのです。
 それはこの国の女性たちをずっと見てきた私たちゴディバも、肌で感じてきたこと。

 もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。

 いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。

 そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。

 社内の人間関係を調整する日ではない。

 だから男性のみなさんから、とりわけそれぞれの会社のトップから、彼女たちにまずひと言、言ってあげてください。「義理チョコ、ムリしないで」と。
 気持ちを伝える歓びを、もっと多くの人に楽しんでほしいから。

 そしてバレンタインデーを、もっと好きになってほしいから。

 愛してる。好きです。本当にありがとう。そんな儀礼ではない、心からの感情だけを、これからも大切にしたい私たちです。
 ゴディバジャパン株式会社
 代表取締役社長
 ジェローム・シュシャン


この広告に対する消費者の見解は、大半が「賛意」を示す内容だったらしい。私もまさにその通りだと思う。

多くの場合で、「義理チョコ」ではなく「義務チョコ」というのが実態だ。こういうチョコを貰う方の立場の人間にとっても同様だ。義務でチョコを貰い、義務でホワイトデーにお返しをするという不毛の連鎖だ。

この広告に対して賞賛の声が相ついだが、同業者にとっては、不愉快極まりない広告である事は言うまでもない。しかもバレンタインデーの2週間前なのだから猶更だ。

ゴディバ自身も同業者からの反発を少しでも緩和すべく、かなり慎重でソフトな言い回しに徹している印象が強い。

では、何故このような広告を2月1日に打ち出したのだろうか?

チョコレートに対する深い愛情と自社ブランドに対する誇りという純粋な思いが突き動かした事は間違いないと思う。

しかし、同時に、企業戦略という側面も垣間見える。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

Appleの開発者イベントにゲスト招待された「82才のプログラマー」

私はブログを始めて10年ほどになりますが、機械音痴という事もあって、サイト画面をこういう風にしたいなと思ってイジればイジるほど悲惨な結果になったり、数時間を掛けながら結局諦めてしまう事も珍しくありません。

「こういう作業は若い人じゃなきゃ無理だ」」
ついつい投げやりになってしまう。

私の世代から上の人はそういう方が多いのではないでしょうか?
先日、こういう記事を見つけて仰天しました。80歳過ぎてからプログラミングを始め、アプリを出してAppleの開発者イベントにゲスト招待された女性が居るとの事。

「そうか、若い頃からそういう仕事をしていた人なんだろうな。」

ところが、この女性は60才で初めてパソコンを始めて、インターネットに接続するのに3ケ月も掛かったらしい。機械音痴の私でさえ2時間もあれば出来るのに、「3ヶ月・・・」

そんな彼女が80才を過ぎてからプログラミングを始めアプリまで出すとは驚きです。「人間、やる気になれば不可能と思える事でもやれるものなんだなぁ・・・」と改めて思い知らされました。

 結局、自分の限界を作っているのは他ならぬ自分自身なのだ。

もし、今、何らかの壁に直面している人が居るとしたら、この女性の事を思い出してください。きっと、その壁を乗り越えられる日がられ必ず来ると信じて。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

恵方巻協奏曲 もはや迷走?

皆さんは恵方巻を食べられましたか?

今年の販売量はまだ発表されていませんが、私の行きつけのスーパーではかなりの販売不振だったようで売れ残りが半端なかった。午後10時には半額になっていたけどお客さんは眺めたり手にするだけで買う人はほとんどいなかった。

私も半額だから買おうかなと一旦はカゴに入れたものの元の棚に返した。だって元々の値段が高いから半額になっても大して割安感を感じなかったから。

そもそもこのイベントは無理があると思うのですよね。無理やり作ったイベントという感が拭えない。

因みに恵方巻は店頭に並ぶ前に決して少なくない具材などがリサイクル飼料の会社に持ち込まれます。ここで選別加工して豚のエサになる。

なぜ店頭に並ぶ前に捨てられてしまうのか?

それは、製造会社とコンビニなどの小売店との間で結ばれている契約があるからです。「欠品して販売ロスになればペナルティを支払っていただきますよぉ。」という趣旨の契約がある。、だから、製造以降上では注文量よりも多く作るのです。

もったいないなとは思いますが、豚のエサになっているのだから、全く無駄になっているわけでもない。まあ、リサイクルと言えばリサイクルなわけで。一番うれしいのは豚さんかな?「今日のご飯は美味しいなぁ!ブヒっ!」みたいな。

恵方巻の具材も近年はバラエティに富んでいて、海苔巻きの中にヒレカツやサラダ、中には牛タンもあるというのから驚く。行きつけのスーパーで迷った挙句に買わなかったのはセットの中にヒレカツやサラダ巻きが入っていたから。巻きずしと魚の刺身類なら買うのですが、「レカツかよぉ」って感じ。

販売戦略の為にアイテムを増やしたりオリジナリティを追求するのはよく分かるのですが、ここまで具材が進化すると逆に敬遠してしまう。私の眼にはもはや恵方巻イベントは迷走しているとしか見えないのですが、他の消費者はどのように見ているのだろうか?
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

もうすぐバレンタインデー 将棋の駒のチョコレートもある

もぅすぐバレンタインデー。菓子業界にとっては大イベントであり勝負の時でもあります。だってバレンタインデーのチョコの売り上げは1年間の総売り上げの1割強もあるそうですから。

そりゃぁ、必死になりますよね。

モロゾフが最初に始めたという説が有力なようです。
明治やモロゾフなどのように大量生産をする日本の菓子会社もあれば、海外ブランドのゴディバのようにベルギー王室御用達が売りというブランド、また、日本人の有名ショコラティエ「サダハル・アオキ」の創作チョコ等もある。

ゴディバチョコレートはすごく美味しいけど目が飛び出しそうなくらい高いですしね。だいたい、海外の有名ブランドは高額なチョコが多いですけどね。確かに味は最高ですけど。

そんな中、ちょっとユニークなチョコレートもあります。

将棋の駒を型どった「Shogi de Chocolat(将棋でショコラ)」などもあります。まあ、かなりインパクトはあります。

私はチョコレートが大好きなのでたまに買いますが、カカオ50〜75%のチョコぐらいしか食べない。本当はGodivaチョコを食べたいけど、とても手が出る価格ではありませんしね。

本命チョコを貰ったのは二昔前ですが今年は義理チョコさえない。まあ、義理チョコを貰うよりは何も貰わない方がイイというタイプなんですけどね。

バレンタインデーは、200円チョコでも買ってコーヒーを飲みながら食べようかな。

posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする