PAGE TOP

2018年01月21日

部屋をキレイにしておくべき理由 セルフネグレクトの前兆?

皆さんは部屋をキレイにされていますか?

■ 部屋をキレイに保つべき理由

・部屋がちらかっていると探し物をするのが大変。
・精神衛生上、良くない。気持ちが荒んだりする。
・急な来客などの際に恥ずかしい思いをする。
・埃が溜まりやすくなり健康に悪い。
・部屋を散らかしている状態 = 頭の中が整理出来ていない特に一人住まいの方は部屋をキレイに、そして整理整頓しておく必要があると思います。

私は部屋だけはキレイに保っています。
何故かというと・・・。

急病で救急搬送を依頼するような事があるかもしれないからです。

当然、救急搬送を依頼する状態の時は、ほぼ動けないワケですから、救急隊員が来るからといって慌てて片付ける事は不可能です。散らかった部屋に救急隊員を迎え入れる事は、やはり恥ずかしいですよね。

それと、最近、社会問題化している「孤独死」。

孤独死をされた方達の部屋の写真を見ると部屋が荒れ放題になっているケースが少なくない。体調が悪い日が続いて散らかってしまったというレベルではありません。

たぶん、セルフネグレクト(生活環境が悪化しても支援を拒む状態)だったと思います。

部屋がとても散らかっている状態はセルフネグレクトの入り口という可能性もあり、自分自身で寿命を縮めてしまう事になります。

私は持病持ちで独り暮らしですから、いずれ孤独死する事になるかもしれません。その時が訪れたとしても、やはりキレイな部屋で散りたいという思いが強いのです。

散り際はキレイでありたい。

話が飛躍しましたが、やはり部屋はキレイにしておきたいですね。

「孤独死」「セルフネグレクト」については、いつか記事にしあいと思っています。独り暮らしの人にとっては年齢に関係なく無縁な話ではありませんから。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

『〜BG 身辺警護人〜』と『SP』

ギャオで『〜BG 身辺警護人〜』をギャオで観ました。

前記事で書いたように視聴率は15.7と好発進。『ザテレビジョン』がSNSや独自調査を集計し、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標である視聴熱でも第一位を獲得しました。
ですが、今後、視聴率を安定化もしくは上昇させる為にはアクションのレベルが結果を左右するのではないかという気がします。

まだ1回しか放映されていませんから何とも言えませんが、非常に微妙だというイメージを受けました。

以前、岡田准一さん主演の『SP』というドラマが放映され、深夜番組にもかかわらず最終回の視聴率は18.9%を記録しました。こちらはSPを描いたドラマだったわけですが、岡田さんのアクションが凄くてそのインパクトの強さには驚かされました。

相手の身体をつかんで垂直の壁伝いに走ったり、軽トラの荷台をとび抜けたりするなど圧巻のアクションシーンが目白押しでした。

『〜BG 身辺警護人〜』で、果たしてあのようなインパクトのあるアクションシーンが出てくるのか?

そこがカギになるのではないかという気がします。

実際のボディーガードは派手な動きはせず地味な動きなのですが、ドラマではリアリティを大きく逸脱するような事はご法度でしょうが、ギリギリラインの派手なアクションが求められます。そうでなければ、この手のドラマは飽きられてしまいますから。

2回目以降、どんなアクションシーンが演じられるのか?

初回視聴率は好発進しましたが、ちょっと微妙だという印象もあります。
次回に期待したいなとは思っていますけどね。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『〜BG 身辺警護人〜』の番組平均視聴率が判明!

『〜BG 身辺警護人〜』の第一話は番組平均視聴率が15.7%だったと発表されています。

なかなかの滑り出しですね。たぶん、回を追うごとに更に上昇するのではないでしょうか?

大いに期待したいですね。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BG〜身辺警護人がスタート 警備ドラマの主人公は何故ワケありなのか

BG〜身辺警護人がスタートしましたね。気になる視聴率ですが、たぶん、今日発表されるのでしょうね。私はテレビを持っていませんからまだ観ていません。ギャオの配信があれば明日観れるはずなんですけどね。

宣伝にかなり力が入っていましたし斎藤工さんや菜々緒さんも出演されていますから視聴率はたぶん高いのではないでしょうか?

脇を固める俳優陣も主役クラスの人が多いですし。

最近は、ボディーガードなど警備員が主役というドラマが多いですね。それらのドラマでは主役がワケありというのが一般的です。ドラマを面白くする為のエッセンスという側面からそういう人物像として描いている部分もあるかもしれませんが、警備員の実像という部分で実際にワケありの人が少なくないのも事実です。

たぶん、警備業界のリサーチの段階でその事実を知る事になるのでしょう。

警備員の中には驚くような経歴の持ち主が居たりしますし。そういう人達の経歴そのものがドラマチックだったりする。有名な俳優さんの中にも元警備員だったという方もおられるし、元有名人であったり元実業家から警備員にというケースもあります。

警備業界には様々な人達がいるのです。

欧米などのボディーガードと異なり、日本のボディーガードは警備業法の縛りから武器を持つ事が許されていません。武器と呼べるものは警棒ぐらいで、しかも相手の頭部を打撃する事ができません。

その限られた防衛力の中でのアクションシーンをどのようにうまく描けるのかがこのドラマのポイントとも言えるでしょう。

今後の展開に大いに期待したいものです。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

フグの切り身パック販売騒動。子供時代の郷愁に浸る。

愛知県のスーパーでヨリトフグの切り身パックの中に肝が入った状態で販売され騒動になりました。販売されたパックのうち、1パックはすでに食されが健康被害はなかぅたとの事。

伊豆諸島や小笠原諸島が主な産地の魚で、たぶん、漁師さん達などの間では昔からこのフグの肝は食されていたのではないでしょうかね。憶測の域はでないけど。

というのも、実は私が子供の頃はフグシーズンになると毎年食べていたからです。

父の親友がフグ漁の網元で、漁が終わると「打ち上げ」で我が家にたくさんの漁師さんたちが訪集まり フグパーティが開催されていました。

因みにフグの種類は「トラフグ」

ちり鍋にはもちろんフグ肝や白子が入っていて、大人たちはヒレ酒を飲みながら鍋をつつく。調理をするのは漁師さん。

たくさんのフグを頂くので我が家では3日間ほどは朝からフグを食べていた。ちり鍋やフグの味噌汁です。味噌汁には当然のごとく肝が入っていた。毎日、朝からフグ肝食べ放題みたいな。

フグ肝の味噌汁は言葉にできないほど美味しくて大量に食べていました。小学生の頃から中学生ぐらいまでは毎年こんな感じだった。フグ漁の時期が待ち遠しい。そんな子供時代だった。

いつからか肝は食べる事ができなくなった。死ぬ前にもう一度食べたい食べ物のトップに入る。

今回の報道を聞きながら、そんな子供の頃の事を思い出していた。そのフグパーティのシーンが鮮明に残っていて漁師さんたちの顔はもちろん会話内容まで鮮明に覚えている。もう、ほとんどの人が他界されているけど。

まあ、こんな思いで話を書くのは不謹慎化もしれなけど、今回の件では健康被害も無く良かったという事でdすのでご勘弁を。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする