PAGE TOP

2017年06月18日

交通誘導中の警備員が飲酒運転の車に撥ねられ重傷

鹿児島市の天文館で18日未明、交通誘導をしていた警備員が飲酒運転の車に撥ねられ重傷を負う事故が発生しました。事故を起こしたのは18歳のとび職の男で現場から逃走したが1時間後に交番に出頭し逮捕されました。

命に別状は無かった事は不幸中の幸いですが腰を骨折する重傷ですから大変な怪我です。

早く回復される事をお祈りいたします。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 交通誘導警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

警備会社にとって、自社警備員の犯罪は不可抗力なのか?

先日、女性警備員が勤務先のショッピングセンターで放火するという信じがたい犯罪が発生しました。15日にはワシントン条約で取引が規制されている絶滅危惧種のトラの毛皮製品をオークションサイトに出品した警備員が逮捕されています。

警備会社にとっても、同じ会社で働いている警備員にしても、このような事案が発生すると大きな痛手を受けてしまう。ニュースなどでは会社名が報道されていませんが、会社所在地の近隣では直ぐに噂が広がり会社名は特定されてしまいます。

そうなると、少なからぬ取引先から契約解除の通達が来る事は想像に難くありません。施設警備の場合は幾つかの現場が消滅すると、そこで勤務している警備員が別の現場に配置される確率は低く、職を失う事にもなりかねない。取引先を多く抱える大手なら事情は異なるでしょうが。。。

たった1人の警備員の犯罪が他の警備員の失職に繋がるという結果はあまりにも痛ましい。しかし、警備会社もそこで働いている警備員も驚くほどそういうリスクに疎いのが現状です。

このようなリスクを避ける方法はないのだろうか?

あくまでも確率論ですが、そういうリスクを減らす方法が無いわけではありません。今まで何度か記事にしましたが、警備員の採用方法を見直す事でリスクが減少すると考えています。

小規模の警備会社の採用方法はとてもアバウトな内容になっているケースが多いように感じます。

少なくとも、以下に挙げる2点を早急に見直す必要がある。

・応募してきた人の履歴書を精査する。
・応募者に対して試験を行う。

詳細については数日中に記事をアップしたいと考えています。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「腕のイイ交通誘導警備員ほど報われない」 理不尽な現実。

一般の業界では技術力の高い人は一般的なレベルの人よりも高い賃金を得るなど、会社から優遇されるのですが普通ですが、交通誘導警備業界においては腕のイイ交通誘導警備員ほど報われないという理不尽がまかり通っている。いや、むしろ、冷遇されていると言っても過言ではない。

警備員の賃金は新人警備員や技術レベルが高くない警備員と、腕のイイ警備員との賃金差は僅かしかない。

それだけではない。

腕のイイ警備員は、「難易度の高い現場」「ハードでリスクの高い現場」に配置される事が多い。

腕がイイ故に大変な現場に配置され、しかも、賃金は他の警備員とわずかな差しかないのだ。これではモチベーションが上がる筈がない。

理不尽この上ない。


スポンサーリンク


一方で、技術レベルが高くない人は、難易度が低くハードさもリスク度も低い現場に配置されるのだから、優秀な警備員ほど不満が蓄積される事になる。

なぜ、このような現状にあるのか? 
それは会社の論理が優先されているからだ。

「受注単価が安いから賃金差がつけられない。」という事なのだろうが、これは「見えざる資産」という発想が無いのが原因だと思う。警備料金は人工制(にんくせい:1名につき幾らという料金制度)だから、上手な警備員であろうとそうではない警備員であろうと料金は同じだからという考えが根底にある。

しかし、直接的に受注金額には反映されないとしても、技術レベルの高い警備員は会社にとっては大きな財産なのです。この見えざる資産にコストを掛けるのは当然だと思うのだが、そこが理解できない経営者が少なくない。

「賃金差」云々ではなく、欠かす事の出来ない必要経費なのだと発想に切り替える必要があるのではないだろうか。

スポンサーリンク







posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 交通誘導警備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

女性警備員が勤務先のショッピングセンタートイレ内で放火

アルバイトの女性警備員が、5月27日に勤務先のショッピングセンター女子トイレ内でトイレットペーパーに火をつけ個室の壁を焦がした放火の疑いで逮捕されています。

このショッピングセンターでは4月にもゴミ箱が燃えるボヤが発生していて、いずれの日も同警備員は勤務中で現場近くにいた事から同時案もこの警備員が放火した可能性があるとの事で警察が余罪を追及しているとの事です。

逮捕されたのは岐阜県瑞浪市の警備会社アルバイト・加藤夏季容疑者(30)。「火をつけたのは間違いない」と容疑を認めていているらしい。

警備会社としては致命的な事案という他ない。当然の事ですがこの契約先からは契約解除されるでしょうし損害賠償の請求もあるでしょう。また、他の契約先からも契約解除されるでしょうからね。

大きな火災に発展しなかった事、そして、被害者が出なかった事が救いではあるけど、真面目に働いている他の警備員が仕事を失ってしまう事になりそうで残念でならない。

警備員の採用方法に関しては今までに何度も注意喚起を行ってきましたが、たった1人の採用ミスで大変な事態を招くのだという事を改めて考えさせられる事案だ。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子連れ夫婦が共謀して万引き 警備員が発見し逮捕

栃木県宇都宮市内のショッピングセンターで小山市消防署の消防士長が妻と共謀して万引きし警戒中の警備員が発見。逮捕される事案が発生しました。万引き犯夫婦は3人の子供を連れていたとの事。

ベビーカーの中に商品数十点を隠して万引きしたという事ですからその悪質性は非常に高い。憶測ですが、盗品の多さからして余罪があるのではないかという印象を受ける。

当然の事ですが勤務先の消防署は懲戒解雇になるでしょう。
なんと愚かな事を。

posted by 管理人 | Comment(0) | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする