PAGE TOP

2017年06月25日

75歳超のドライバーの内、1.2万人弱が認知症の恐れと判定

3月12日に新たに施行された道路交通法に基づき実施された75歳以上の高齢ドライバーの認知機能検査で、同法施行以降の2カ月半で、認知症の恐れがあると判定された人が1万1,617人も居た事が判明しました。

同法施行以降に認知機能検査を受けた人は43万人余り。このうち987人が免許を自主返納しているとの事ですが10%にも達していない現実をどう捉えるべきなのか・・・。

地域によっては公共交通機関の不備もあって車が無ければ生活に支障が出るのは分かるのですが、人の命に係わるリスクが存在するワケで、落としどころが難しいというか。。。

因みに、認知機能検査の内容は以下の3つです。う〜ん、内容を見ると、ちょっと不安感も否めない。道交法改正が行われた事の意義は非常に大きいのですが・・・。

(以下、図表も含めて出典は警視庁)

・時間の見当識 ⇨ 検査時の年月日、曜日及び時間を回答。
・手がかり再生 ⇨ 16種類の絵を記憶し、何が描かれていたかを回答。
・時計描画   ⇨ 時計の文字盤を描き、指定された時刻を表す針を描く。

75歳以上の方の免許更新の流れ(図表はクリックで拡大出来ます。)

認知症検査の流れ.png

高齢者免許更新.png

posted by 管理人 | Comment(0) | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逮捕したのはボディーガード?「欅坂46」握手会で発煙筒着火

「欅坂(けやきざか)46」握手会イベントで発煙筒を焚いて逮捕された24歳の男は所持していたナイフでアイドルの1人を殺害する計画だったようです。

警備員が発煙筒を焚いた男に気づき取り押さえた事で最悪の事態を未然に防いだとの事。

事件直後の現場の写真を見ると、取り押さえたのは制服を着た警備員ではなく、上下黒っぽいスーツを着て左腕に「案内係員?」と書かれたような腕章を付けていた若い男性でした。

ボディーガードだったのだろうか?

写真ではよくわかりませんが犯人の腕関節をキメて床面にうつぶせにしている向こう側に制服の警備員が発煙筒の煙にむせている様子でしたので、ボディーガードだったのかもしれないですね。

最悪の事態にならずに良かった。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日は九州南部、四国、近畿、東海の一部で激しい雨の恐れ。

明日は九州南部、四国、近畿、東海の一部で激しい雨の恐れがあるという事ですので注意が必要です。下図は平成28年の各地の土砂災害発生件数を表したものです。赤で塗りつぶされた場所は50件以上の発生地域ですから特に注意が必要かもしれません。

平成28年の各地の土砂災害発生件数.jpg
出典:国土交通省

● 土石流の前兆

・山鳴りがする
・急に川の水が濁り、流木が混ざり始める
・腐った土の匂いがする
・降雨が続くのに川の水位が下がる
・立木が裂ける音や石がぶつかり合う音が聞こえる

土石流発生の直前 ⇨ 土臭いにおい 地鳴り 流水の急激な濁り 渓流水位激減

● がけ崩れの前兆

・がけにひび割れができる
・小石がパラパラと落ちてくる
・がけから水が湧き出る
・湧き水が止まる・濁る
・地鳴りがする

● 地すべりの前兆

・地面がひび割れ・陥没
・がけや斜面から水が噴き出す
・井戸や沢の水が濁る
・地鳴り・山鳴りがする
・樹木が傾く
・亀裂や段差が発生

出典:政府広報オンライン

土砂災害を回避する最善の方法は早めの避難という事に尽きます。大雨が降り出してからの避難は河川の氾濫などによって流される恐れもありますから、大雨予想の段階で危険地域から脱出するのが理想です。

2017年06月23日

豊田真由子衆院議員の騒動 まさに「窮鼠猫を噛む」の図

輝かしい経歴と非凡な能力で将来を嘱望されていた豊田真由子衆院議員でしたが、元公設秘書に対する暴力・暴言の生々しい録音テープが公開された事で、もはや国会議員の座は風前の灯火となった。たぶん、議員辞職をするのではないでしょうかね。

「深く反省をし時を経て禊をする。」

そういうケースもありますが今回の件は内容が内容だけにそれは不可能でしょう。

以前、国会で質問する場面を見ましたが無駄なフレーズの無い立て板に水のような話しぶりに「すごい人が現れたな!」と驚いたのですが、今回の録音を聞いて「本当に彼女なのか?本当に同一人物なのか?」と驚きを禁じ得なかった。

誰でも表の顔と裏の顔はあるけど、これほどまでにギャップを感じさせるケースは記憶に無い。今でもまだ信じられない思いだ。

秘書のミスに対して激しい憤りがあった事は分かるが、彼女の言動はあまりにも常軌を逸している。あのようなやり取りが白日の下に晒されては、どれほどの年月が経過しようとも彼女に投票する人は皆無だろう。

取りあえず離党したようだが、この数日内に自ら議員辞職を発表するのではないだろうか。自分で招いた事とはいえ、あまりのショックの大きさから書面での辞職発表になるかもしれない。

それにしても人間の二面性というものは恐ろしいものだ。ここまでギャップのある二面性はそうそう無いだろうけど。類い稀な能力を持ちながら勿体ないなという思いもあるが、能力云々以前の問題だから仕方ない。

今後は、今までの自分の言動をしっかりと反省されて、別の道で人の役に立つ人間になって欲しいと思いますね。
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ ニュースのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

警備員の採用「履歴書は多くを語る」履歴書チェックのポイント

毎年、警備員による犯罪が数件発生しており、事件を起こした警備員が勤めていた警備会社にとっても同じ会社で働いている他の警備員にとっても大きな痛手を受ける結果になってしまう。会社の存続にもかかわる事態になりますから。

「こうすればそういう事態を防げる!」というものは思いつきませんが、そういうリスクを減少させる可能性があるものとして、応募時に提出される履歴書の精査があります。

履歴書のチェックがキチンと行われている会社もありますが、不十分なチェックに留まっている会社も少なくないかもしれません。どのような点をチェックすべきなのかについて書いてみたいと思います。そんな事は分かっていると言われるかもしれませんが、私なりの考え方をまとめたいと思います。


スポンサーリンク


履歴書のチェックポイントは様々ありますが、これだけは注意したいという点だけに的を絞っています。

・写真の切り方や貼り方

写真撮影機で撮られた写真は自分でカットしますが、キレイにカットされておらず波打っている物や、写真を貼る枠内にキレイに収まっていない物はNG。几帳面さ・真面目さに欠ける性格だと推察されるからです。警備員という仕事は几帳面でなければ良い仕事は出来ません。

・記載された文字はその人の気質を表す

まず、字の上手下手は抜きにして、字体を見て「キレイに書こう。」という意思が読み取れるかどうかという事です。その人の貴社への就職に対する真剣さの程度が窺えます。

文字のバランス、特に漢字はその人の気質を物語っているケースが多いようです。経験則からは、漢字の左右のバランスがいびつな文字を書く人は問題を起こしやすいケースが多いように感じます。

・履歴書や封筒が折り目正しくキレイか否か

封筒に皺があったり履歴書の折り目がズレていないかどうか。理由は敢えて書くまでもないと思います。

・志望動機などがキチンと書かれているか

志望動機欄などの記載が極めてシンプルに書かれていたり、交通手段や通勤時間などが書かれていない場合はNG。面倒がり屋だったり、いい加減だったりするケースが少なくない。

文字の研究をすると幾つかのパターンが見て取れます。そして心理学とかかわってくる要素が多い事に気づきます。具体的に書くと何かと問題が生じますので書きませんが、人相と同様の位置付けがあると私は思っています。文字と心理学を研究するととても面白いし役立つと思います。

スポンサーリンク







posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする