2017年02月20日

機械警備の警備員

私が勤務する施設ではローカルシステムだけではなく機械警備業者による機械警備も導入されていて警報が鳴ると同時に機械警備業者にも異常が知らされるシステムになっています。

ローカルシステムで異常発報が発生すると機械警備業者の指令センターからすぐに異常を知らせる連絡が入り、滅多にない事ではありますが機動隊員に出動してもらうケースもあります。

通常の発報はほとんどが誤報であったりセンサーをセットする際の人為的ミスなのですが、たまに「これは真報(本当の警報。事件性の高い警報。)かもしれないというケースもあります。

指令センターから「●●で発報しています。隊員が向かっていますがどう致しましょうか?」と問い掛けがあり、出動を要請すると防刃チョッキを身にまといヘルメットを被った機動隊員がやってくる。

彼らが到着する前に警報が鳴った場所の探索を行う事もあるし彼らの到着を待って一緒に探索を行うケースもある。室内センサーのリアルタイムのモニターの反応を見ながら発報箇所に人(侵入者)が居るかどうかは分かりますから彼らの到着を待つのが普通です。

結果的にはまだ一度も発報が真報だった事はないのですが、過去に数度だけ真報と思われる発報がありました。その時はさすがに緊張した。状況次第では侵入者との格闘も有り得るわけですから。

そういう経験があるものですからいつも思うのですが、機械警備の警備員は発報している現場に駆けつける時にどういう思いで出動しているのだろうかという事。

もし真報だったら非常に危険な状況に直面するのですから相当なストレスがあるだろうなぁと思うのです。ただ、ほとんどが誤報などによるものでしょうから、私が思うほどのストレスは無いのかもしれない。

そのあたりの事を質問してみたい思いはあるのですが、デリカシーに欠ける質問でもあるので質問した事は一度もない。

まあ、業務に慣れればそういう危機感に対して疎くなるのかもしれないけれど、本音を知りたいという思いはとても強い。

警備員という職種の仲では最も危険な職務である事は間違いないわけですから。



posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

警備業界は現任教育の在り方に対して提言すべきではないのか?

昨日、現任教育に行ってきました。半年に1度なのですが体感的には3〜4か月に一度という印象で、もうウンザリするというのが率直な感想です。

教育内容は法律で細かく決められている事もあってマンネリ感が拭えず、教育によって業務に何らかのプラスになる要素はほとんどない。ただ単に法律で決められた教育時間を消化する為の実績作りというのが実態であり警備員の資質向上や日々の業務に対する寄与等とは無縁な存在という他ない。

警備業界内部から「現任教育はこれで良いのか?」「現任教育に関する法律改正をすべきではないのか?」という声が出てこないのが不思議で仕方ない。

現任教育の本来あるべき姿は、講義形式ではなくディスカッション形式であるべきだと考えています。例えば、警備員絡みで実際に起きた起きた事件、警備員のミスによって発生した事件などを題材に全員もしくはチームによって活発に議論をするようなシステムであれば非常に有意義なものとなるのは間違いない。

以前にも何度か書いたが、警備員のミスによって重大事件が現に発生しているし、交通誘導警備員の過失が認められた重大事故も発生している。

なぜ、こういう重大事案が発生したのか、その原因は何だったのか、また、どういう風にすればこれらの事案を回避できたのかという突っ込んだ議論を行う事が警備員・警備業界に大きなプラス効果をもたらすと思うのだが。

警備業界はいつまでも受け身一辺倒ではダメだと思うのですけどね。







posted by 管理人 | Comment(1) | ■ 警備員全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

ホテルで「刃物」を持った男が強盗 現金奪い逃走 東京・武蔵野市

13日の早朝(午前5時40分頃)、吉祥寺駅近くのホテルに刃物を持った男が押し入り、売り上げ金20万円を奪って逃走する事件が発生しました。現場の映像を見た限りではどうもラブホテルのようです。

巡回中の警備員が事件を目撃し近くの交番に通報したらしい。
多分、機械警備の警備員なのでしょうね。

コンビニを狙うよりもホテルの方が成功確率は高いし金額も大きくなるという読みがあったのでしょう。事前に下見を行っている可能性がありますし初犯とは思えない部分もありますから意外と早い逮捕になるのではないかという気がします。

私的にはホテル強盗よりも圧倒的にコンビニ強盗が多いという現状が不思議で仕方ないんですよね。強盗犯は切羽詰った状態で犯行を行う事が多いと思われますので論理的な思考ができない故という事なのでしょうけどね。



posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備関係ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

強烈な寒さ

さっき隣のスーパーに買い物にいきましたが物凄く寒かった。暖房を入れた部屋の中にずっといましたから外の気温を意識していなかったんだけど、こんなに冷え込んでいたとは思いもしなかった。

もし、ヒーターが故障したら凍え死んでしまうんじゃないかというぐらいの寒さだ。暖房のおかげでこうして寒さに震えることなく過ごしている事に妙に感動してしまった。ほんと、ありがたい事です。

昨日、ふと思いついてエアコンのフィルターを掃除したんだけど、びっしりと埃が付着していた。昨日までは設定温度を27〜8度にしていたんだけど、今日は23〜4度にしてる。それでも昨日よりも暖かい。やはりフィルター掃除はこまめにしないといけないなぁ。



posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

人通りは少ないが警戒モードは緩めない

今日は気温が低く、また、風が強い事もあって体感温度がムチャ低いです。という事で外の巡回時に今シーズン初のマフラー着用となりました。首元を暖かくしておくと体感温度はグッと上がります。

これほどまでに冷え込むとさすがに人通りが少なく警備は非常にやりやすい。人が居なければ事件は起こらないし、こういう風に極端に人通りが少なければ不審な動きをする人は否が応でも目立ちますから。

こういう日は施設全体で見ると事件の発生確率は低いし不審者の発見も容易ですが、逆に駐車場や駐輪場では事件の発生確率は高まりますから、今日はそれらの場所を重点的に警戒しています。

どこだったかは忘れましたが、先日に駐輪場で倍受数台が放火される事件が発生しました。犯人は逮捕されたのですけどね。この手の犯罪は短時間での犯行になりますから現場を押さえるのは極めて困難です。網を張っていて且つタイミングが合わない限りは難しい。

ちょっとした油断が命取りになりかねないのが警備員ですから、警戒モードが緩慢にならないように注意したいと思っています。



posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする