PAGE TOP

2017年06月10日

警備員と業務上過失致死傷罪について考える

先日、福岡県北九州市の工事区間で2台のバイクが衝突し1人が死亡もう1人が重傷を負った事故で、工事区間内において交通誘導を行なっていた警備員2人が業務上過失致死傷容疑で書類送検されたという記事を書きました。

昔は警備員には特別な権限が無いのだから、仮に警備員の誘導が不適切だったとしても警備胃の過失が問われれる可能性は低いと考えられていました。しかし、近年は警備員の誘導方法などに問題があったとして、警備員が業務上過失致死傷罪に問われるケースが増えていて、そのような判例(裁判の判決結果例)が相次いでいます。

スポンサードリンク


警備員による車や人に対しての誘導は「交通誘導」
と呼び、法的な強制力は全く無くて、あくまでも任意性に基づく「協力をお願いします。」的なもので、警察官が行う「交通整理」
のような法的強制力はありません。

ニュースなどでは「警備員の交通整理」等と書かれる事がありますが、その記述は間違っています。警察官が行うのは「交通整理」で警備員が行うのは「交通誘導」です。

その定義付けの背景になっているのが警備業法で、以下の条文に明記されています。

・警備業法第15条
「警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たっては、この法律により特別に権限を与えられているものでないことに留意するとともに、他人の権利及び自由を侵害し、又は個人若しくは団体の正当な活動に干渉してはならない。」

以前は第8条だったと記憶していますが、私が警備業界から離れている間に変更されたようです。因みに、私は警備員指導教育責任者の資格を持っていたのですが、業界を離れていた間に警備業法の改定があり気付かない内に資格が失効していました。

話が逸れましたが、警備員には特別な権限が無い事から強制的に車を停止させる事が出来ず、あくまでも「停止してください。ご協力をお願いします。」というスタンスで臨むしかないのです。

しかし、そのようなスタンスで臨んだとしても不適切(不適切という定義が微妙だが)な誘導で事故が発生した場合は業務上過失致死傷罪が適用される流れが確立しつつあります。既にそのような判例が幾つか出ていますから確率してしまったと捉えるべきかもしれません。司法判断においては判例重視主義が通例ですから。

権限は全く無いのに業務上3の注意義務は生じる。

ちょっと合点がいかない部分もあるし、警備員にとってはとても恐ろしい流れである事は間違いありません。

では、業務上過失致死傷罪とはどのような法律なのか?
そして、その適用は交通誘導員のみに適用されるのか?

次の記事では、これらに関して書きたいと思っています。

スポンサーリンク







posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備員全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盗撮事件を起こしても「起訴されない理由」

増え続ける「盗撮事件」。しかし、このような事件を起こしても不起訴になる事が多いし、犯人の名前が公表されるケースは少ない。

それは何故なのか?

過去記事で書いたように、それは盗撮罪というものが存在しないからです。盗撮事件では公共の場所での犯罪であれば各都道府県の「迷惑防止条例」、公共の場所以外なら「建造物侵入罪」などでの摘発となります。

盗撮犯が弁護士に依頼すれば、多くの場合で示談が成立し数日間で釈放されます。時として見せしめとしてなのか?名前が公表される事もありますが多くは公表されません。

示談が成立すれば、不起訴処分になるのです。

これって、おかしくないですか?

民事は民事として、でも刑事罰は刑事罰として罰しない限り、この手の事件は増える事はあっても減る事は無いと思うのですけどね。

『盗撮罪』を制定すべきだ! (後篇)
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカート内盗撮で逮捕の県職員を減給処分。でも「不起訴処分」

女性のスカート内を盗撮事件が相次いでいますが、このような盗撮犯を警備員が現行犯逮捕する事例が非常に多くなっています。

警備員は女性の味方!

そんな感じですね。警備員の活躍が目につきます。

この事件は3月に兵庫県神戸市で発生し逮捕されたのは農政環境部の男性職員(30)で、県の調査に「仕事のストレスでやってしまった」と説明したらしい。兵庫県は同職員に対して減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

なお、神戸地検は3月28日、男性職員を不起訴処分としました。

不起訴処分?

盗撮をしたのに不起訴処分になるのは何故なのか?
その理由は下記の過去記事をで説明しています。
よろしければ併せてご覧ください。

『盗撮罪』を制定すべきだ! (後篇)
posted by 管理人 | Comment(0) | ■ 警備会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

コンビニのプリペイドカードを購入させる特殊詐欺が急増

独立行政法人「国民生活センター」が以下の注意喚起を行っていますのでご注意ください!

コンビニのプリペイドカードを購入させ、お金を騙し取る特殊詐欺の被害にあったとの問い合わせが複数寄せられており、特殊詐欺の被害拡大懸念があるとの事です。

くれぐれも被害に遭われませんように!

下に「国民生活センター」の注意喚起の部分を張り付けておきますので、ぜひご覧ください。

国民生活センターの「プリペイドカードの購入を指示する詐欺業者にご注意!!」喚起文を読む。

500円/月額のホームセキュリティ

低価格のホームセキュリティ会社「プリンシプル」(福岡市)が首都圏に進出したという報道が5月にありました。「500円/月額〜」という事で非常に安いですね。

同社が提供する「スマートルームセキュリティ」は、不審者が侵入すると窓やドアに設置したセンサーが反応して登録した連絡先にメールやアプリで異常を通知する仕組みになっています。

設置されるセキュリティ機器は以下の通り。

・セキュリティ親機 :1個 
・マグネットセンサー:2個

親機が無いと稼働しませんから実質的にはマグネットセンサー(窓が開かれると反応する。)が2個設置と考えて良さそうです。その他にオプションがあり、その内容と料金は以下の通り。

 初期費用は9,800〜19,800円

・監視カメラ1台追加(見るだけ)1,000円/月額
・監視カメラ1台追加(見る+録画)2,000円/月額
・警備員駆けつけ契約 480〜880円/月額
・警備員現場派遣:5,000円/1回

警備員対応については外注化し、九州では福岡市の警備会社「にしけい」、首都圏では全日警と業務提携している。

監視カメラは自前で取り付けた方がコストは掛からない(監視カメラの購入費のみ)が、警備員の派遣オプションがあるので魅力的です。

ただ、料金には魅力はあるけど警備員対応を除けば自前で調達可能なので、果たして需要増となるのだろうかという気もする。IOTの技術革新が飛躍的にアップするのは明白ですから、今後は家電店でIOTを活用したセキュリティ機器を個人が購入する流れになると思われますからねぇ。

業界圧倒的最大手のセコム・ホームセキュリティがマンションタイプで4600円/月額

・ワイヤレスマグネットセンサー 3個
・空間センサー 1個
・煙センサー  1個
・非常ボタン  1個

セコムは幅広いプランやオプションが付いていますし、ノウハウも業界では圧倒的ですからねぇ。まあ、両社の顧客ターゲットは全く異なりますからバッティングは考えられませんが、上記に挙げたような様々な要因を考慮すると道は平坦ではないようにも思えます。

同社の健闘を祈りたいですね。